テレアポとは、電話勧誘販売を行うことや、その行為を行う職業のことを指しています。
電話勧誘販売を簡単に説明すると、電話を使って消費者に勧誘を行う行為です。電話でそのまま契約につなげることもありますし、電話で訪問のアポイントメントを入れることもあります。その他には、電話で資料送付の案内をし、そこから段階的に勧誘を行っていくケースもあります。
そして、電話応対業務を専門に行う部署や事業所などのことをコールセンターと言います。

コールセンターで行われている業務には、アウトバウンドとインバウンドの2種類があります。
アウトバウンドには、「中から外へ」という意味があります。よって、企業側から顧客に対してアプローチを行うこと全般をアウトバウンドと言います。これをテレアポで言うと、電話で勧誘や資料送付の案内などを行うことをアウトバウンドと呼びます。
反対にインバウンドには、「入ってくる」という意味があります。つまり、顧客から企業に対してアプローチが起こる状態のことです。これをテレアポで言うと、顧客からの電話に対応する業務のことをインバウンドと呼びます。

法人営業を行う場合は、アウトバウンドのテレアポを行うことが多いです。なぜなら、アポイントなしで訪問すると、ターゲットに会えないことがあるからです。
個人営業と比較すると、法人営業の方がターゲットと話すのが困難です。理由としては、受付、事務、専務、秘書など様々な人が電話応対をする可能性があるからです。
そのため、効率的に法人営業を行うためには、テレアポを適切に活用する必要があります。法人営業は決裁力を持つ人と話さなければいけないので、事前にアポを取っておくことでターゲットと直接会話ができる可能性が高まります。

オススメ情報

アウトバウンドの業者といえば|イノベーション